« 2016年10月 | トップページ

2017年3月の3件の記事

2017年3月26日 (日曜日)

iPad Model 2017

新 iPad 9.7 インチ版が2017年3月25日に発売になりました。iPad Air 2 インチ版エッセンスはそのままに? CPUをiPad Proと同じ A9世代としたかつ非常にリーズナブルなiPadです。ただ、全てがiPad Air2と同じだったらよかたのですが・・・・厚みがiPad Air2 より分厚くなっています。具体的にはiPad Airと同じです。

 

今回特筆すべきは価格だと考えています。日本円の発売日のiPadの価格としては過去最安クラス(iPad miniを除く)だと言ってもいいでしょう。

発売時の一括価格がiPad2 (WiFi+3G 16GBModel) 当初 ¥56,640 価格改定後 ¥45,800 でした、今回は、価格改定後は別として、当初価格では新iPad model 2017 の方が約\4,000程度安いのです。

 

直近のiPad のリリースからするとこんな感じでしょうか( iPad の真髄はCellularでないと意味が無いと考える筆者として、Wi-Fi モデルは無視です(苦笑 )

モデル 発売日(Japan) 価格 (Appleストア)
Cellerモデル
2017/03/26現在
プロセッサ メモリ Pencil & Smart Keyboard対応 厚み 重さ
(WiFi+Cellularモデル)
私が 購入
した?
iPad 9.7 インチ 2017年3月25日 ¥52,800 (税別) 32GB
¥63,800 (税別) 128GB
A9 2GB × 7.5mm(厚) 478 g

スキップ予定

iPad Pro 9.7インチ 2016年3月31日 ¥76,800 (税別) 32GB A9X 2GB 6.1mm(厚) 444 g
iPad Pro 12.9インチ 2015年11月11日 ¥106,800 (税別) 128GB
¥116,800 (税別) 256GB
A9X 4GB 6.9mm(厚) 723 g ○128G
iPad mini4 7.9インチ 2015年9月19日 ¥60,800 (税別) 128GB A8 2GB × 6.1mm(厚) 304g
iPad Air 2 9.7インチ 2014年10月24日 ¥58,800 (税別) 16GB
¥69,800 (税別) 64GB
A8X 2GB × 6.1mm(厚) 444 g ○ 64GB
iPad Air  9.7インチ 2013年11月1日   A7 1GB × 7.5mm(厚) 478 g ○ 16GB
iPad(第4世代) 2012年11月2日   A6X 1GB × 9.4mm(厚) 662 g ○ 16GB

 

では、誰だったらiPad model 2017を購入したらいいのでしょう?

iPad Air 以前のモデルを使っている人は、CPU(A9)とメモリ(LPDDR3からLPDDR4)が変更となり、十分なスペックアップが望めるので買い替えを検討しても良いと思います。 Air2を使っている人は、正直買い換える必要性は今のところ、分厚くなるデメリットのほうが大きいため、あまりおすすめできません。

あと、性能の比較はこちらのサイトで掲載されています。

また、iPad Air 世代以前を使っている場合は、スペックが刷新された 新iPad model 2017も魅力的だと思います。

私の個人的かつ偏見が入った所感

  • iPad を初めて買う人でApple Pencilが必須でない人 → 新iPad model 2017
  • 長期でサポートが欲しい人 → iPad Pro 12.9 または iPad Pro 9.7
  • 絵を書きたい人 → iPad Pro 12.9
  • ビジネスでOneNoteを使いたい人 → iPad Pro 9.7
  • 雑誌を見開きで読みたい人で、値段を気にしない → iPad Pro 12.9
  • 満員電車で本を読みたい人 → iPad mini 4・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ※サポート期間は正直期待できない。
  • 雑誌をで読みたい人、見るのみで安く → 新iPad model 2017 
  • iPad でゲームをしたい人 3Dグリグリ → iPad Pro 9.7
  • iPad でゲームをしたい人 ライトゲーム → 新iPad model 2017 

ただし、2017年4月にも更にiPad Pro の新モデルがでるという噂があります。急いでいなければ、あと一ヶ月購入は我慢したほうがいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土曜日)

Windows 10 Hello (顔認証)が便利!

Windows 10 を普段から使っていて、MS Live IDでログインするのですが、パスワードが複雑すぎてログイン画面です。PINでのログインである程度緩和できますが・・・・Windows 95 のころのようにパスワードなしログインを行うにはなかに入っている情報が個人的過ぎてあまり家族にも見せたくない・・・

困っていたところにマウスコンピューター(現mouse)から、mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応 CM01が発売になっていることを知りました。

自作PCや、標準でWindows 10 Hello対応のカメラを内蔵していないPCでは、対応カメラがなければ使えません。

気になってamazonで購入したところ非常に便利であることがわかりました。

なぜかって?「まさに顔パス」カメラの前に座るだけで自動でWindowsにログイン、今後のバージョンでは必須の機能といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水曜日)

(2017/03/25更新)新iPadは iPad Air2というよりは、iPad Airの後継?

昨晩(2017/03/21)新iPad (iPad Air2) の後継のiPadが発表されました。

一番の注目点は・・・
A9プロセッサ搭載、ストレージ32GB Wi-Fiモデルで¥37,800 (税別)という初代iPad並みの低価格(cellularモデルは¥52,800 (税別))
 
であることでしょう。
ただ、非常に残念な点は、

厚みがiPad Air 2の6.1mmから、7.5mmと1mm以上分厚くなっており、この厚みは、Air2の前モデルiPad Airと同じである。

つまり、Air2の機能はそのままに、筐体はiPad Airに逆戻り。
まあもっともAir2 はあまりの薄さに、少し不適切に重みをかけると曲がってしまうことがあったので、耐久性という面ではいいのかもしれません。
結論
iPadを初めて買うユーザにはおすすめできる機種です。

 

(2017/03/25 追記)

昔、Windows95が発売された頃、「デジタルデバイド(情報格差)」という言葉が出てきたことがありました。情報格差は、経済格差を有無と言われています。

iPadを例に上げるのは不適切かもしれませんが・・・持つものと、持たざる者の格差が始まっているような気がします。

単純な例を上げると、

  • iPadでAmazonのKindle本を購入すると、紙媒体より安く購入できる。 しかも持ち運び自由。
  • 紙媒体は、Kindleより高く持ち運びができない。保管をするにも場所が必要になる。

イメージとしては、家や車を買うときに、現金一括払いをできる人は、結果として安く購入できて節約できる。しかし、ローンを組まなければ購入できない人は、最終的に高い値段で購入することとなる。

お金を持っている=安く物が買える

お金を持っていない=ものが安く買えない。

そんな単純な構図ではないと思いますが、結果としてお「金持ちは安く」、そうでない人は「高くものを買う」ことになる。

嫌な時代になったものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ