カテゴリー「パソコン・インターネット」の51件の投稿

2017年3月22日 (水曜日)

(2017/03/25更新)新iPadは iPad Air2というよりは、iPad Airの後継?

昨晩(2017/03/21)新iPad (iPad Air2) の後継のiPadが発表されました。

一番の注目点は・・・
A9プロセッサ搭載、ストレージ32GB Wi-Fiモデルで¥37,800 (税別)という初代iPad並みの低価格(cellularモデルは¥52,800 (税別))
 
であることでしょう。
ただ、非常に残念な点は、

厚みがiPad Air 2の6.1mmから、7.5mmと1mm以上分厚くなっており、この厚みは、Air2の前モデルiPad Airと同じである。

つまり、Air2の機能はそのままに、筐体はiPad Airに逆戻り。
まあもっともAir2 はあまりの薄さに、少し不適切に重みをかけると曲がってしまうことがあったので、耐久性という面ではいいのかもしれません。
結論
iPadを初めて買うユーザにはおすすめできる機種です。

 

(2017/03/25 追記)

昔、Windows95が発売された頃、「デジタルデバイド(情報格差)」という言葉が出てきたことがありました。情報格差は、経済格差を有無と言われています。

iPadを例に上げるのは不適切かもしれませんが・・・持つものと、持たざる者の格差が始まっているような気がします。

単純な例を上げると、

  • iPadでAmazonのKindle本を購入すると、紙媒体より安く購入できる。 しかも持ち運び自由。
  • 紙媒体は、Kindleより高く持ち運びができない。保管をするにも場所が必要になる。

イメージとしては、家や車を買うときに、現金一括払いをできる人は、結果として安く購入できて節約できる。しかし、ローンを組まなければ購入できない人は、最終的に高い値段で購入することとなる。

お金を持っている=安く物が買える

お金を持っていない=ものが安く買えない。

そんな単純な構図ではないと思いますが、結果としてお「金持ちは安く」、そうでない人は「高くものを買う」ことになる。

嫌な時代になったものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金曜日)

iPad Proは大きだけのiPadか?iPad Proは生活スタイルの何を変えるのか?

 iPad Proが発売されて数日が立ちました。iPad Pro本体は届きましたが、Pencil、キーボードはまだ在庫不足が続いています。なので完全なレポートは、Pencil、キーボードが到着してからになると思います。

私が購入したiPad ProはCellularモデルです。理由は簡単、持ち運んで外で使いたいからです。キャリアで購入しても良かったのですが、維持費が高くなりすぎるため、Apple のオンラインストアでSIMフリー版を購入。今までiPad Air 2に入っていたSIMをiPad Proに差し込んで使っています。

続きを読む "iPad Proは大きだけのiPadか?iPad Proは生活スタイルの何を変えるのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月曜日)

新AppleTV購入!!!

新しいAppleTVを購入しました。 11月1日発売予定でしたが、ビックカメラで予約した私の手元には、1日前に到着しました。

残念ながら当日、目の怪我をしてしまい。今日まで使えませんでしたが・・・・
さて、新しいAppleTVですが・・・・
今年11/1に発売された新しいApple TVと、それ以前のApple TVでできることに差があります。

新しいAppleTVを 新AppleTV、現在も購入できる第三世代のAppleTVを旧AppleTVと書きます。

AppleによるAppleTVの新旧比較
http://www.apple.com/jp/tv/compare/

旧AppleTVでできる事。
  1. iPhone、iPad、やiPod touchの画面を、テレビに映すことが可能です。
  2. AppleTV単体でもiTunesや、YouTubeなどを見ることができます。
※iPod nanoや、iPod Shuffleでは使えませんご注意ください。

新AppleTVでできる事。
旧AppleTVの機能に+αで、以下の機能がつきました。
  1. リモコンによるSiriで音声操作が可能です。
  2. Appストアに対応ました。Appストアから対応アプリ(ゲームやその他)を自分で追加できるようになりました。
  3. 専用のゲームコントローラにも対応しています。対応アプリであればゲームコントローラが使えます。
  • 光デジタルアウト端子が、新AppleTVでは廃止されています。この点だけマイナスです。

(接続方法)
新旧AppleTVどちらとも、WiFiと有線LANの両方の接続が可能です。

iPhoneやiPadのビデオや画面を、テレビに映したいだけなら、旧AppleTVでも不満はありません。アプリの追加や、Siriによる音声操作に興味が有るなら新AppleTVをオススメします。

私自身、旧AppleTVから、新AppleTVへ買い換えましたが、新AppleTVのリモコンは非常に使いやすです。
ただ、まだ発売されたばかりということもあり、アプリは殆どありません。その意味で現時点では旧AppleTVとの差は少ないでしょう。

※残念なことに、Siriによる音声操作はできますが、回答は画面上に文書として表示されます。(iPhoneの様に音声では答えてくれません。残念)

続きを読む "新AppleTV購入!!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金曜日)

iPhone6s /6sPlus触ってきました。

2015/09/25 11:26

近くのドコモショップ、とイオンの携帯電話売り場に行ってきました。

昨年までは、特定店舗でしか発売日には販売されていないiPhoneですが。
今回は、すべてのキャリアショップどころか、イオンにまで在庫があるようです。

ただ、DoCoMoショップでは、6s Plus の在庫は無く、6sの在庫は多少ある程度でした。
イオンでは6s Plusの在庫も少しあるようです。6sに至ってはローズ・ピンク以外は全部ありました。

Softbankは更に潤沢なようです。
ほしいなぁ・・・・と思いつつ。店頭でデモ機を触ってきたのでファーストインプレッション。

【気になった点】
  • タップエンジン?(押しこみ操作)は、対応アプリが少な過ぎで、まだこれからと言った感じ。
  • デザイン:良くも悪くも昨年のiPhone6踏襲のため、目新しさはありません。
【期待している点】
  • Touch ID: 新しくなったようですが、デモ機だったので試せませんでした。
  • カメラ: 4K撮影もそうですが、解像度が上がりより使いやすくなっているところを確認したいのですが、iPhoneのディスプレイでは差がわかりませんでした(^^;

個人的に、ラスタバナナの傷修復機能付きのフィルムは重宝しています。

基本的に前世代からサイズが変わっていないので、6s/6sPlusでも使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日曜日)

格安SIMを解約しました。 DoCoMoデータSIMをSIMフリー端末で使う。

IIJmio の格安SIMを2回線使っていましたが、解約しました。

理由は、「パケットを上手に使えないから。」

IIJさんが悪いわけではありません。DoCoMoのSPモードよりは遅いかもしれませんが、混雑したSoftbankに比べれば100倍マシ。

具体的には、メインの携帯電話を一緒にDoCoMoへMNPしたからで、その時、商品券欲しさに使う予定がなかったWiFiルータを2台購入しました。で、余っていたSIMが使えないかなぁ・・・・と調べていたら、どうも使えるらしい。

回線 基本料金 moperaUシンプル パケットシェア 月々サポート 合計(割引前)
ルータ 1200円 200円 500円 -972円 約800円(1900円)
タブ 1700円 200円 500円 ※※※※※ ※※※(2400円)

DoCoMoデータ料金プラン

実際には、もう少し割引が毎月あるので、800円にはならないのですが、まあ、商品券と相殺すると無駄な投資ではない。

でこの料金プランのまま、iPad Air 2 や、Nexus 9で使えるかどうか? ・・・・・使えます。

DoCoMoショップのお姉さんが言うには使えるらしい。

ただし、タブレットで利用すると基本料金が、データプラン(スマホ/タブ)1700円に自動的に切り替わってしまうとのこと。

カケ・ホーダイプラン(ケータイ)2200円のSIMも、スマホで使うと、自動的にカケ・ホーダイ(スマホ/タブ)2700円に切り替わってしまうので注意が必要だとのこと。

まあ、私の場合格安SIM 1回線あたり約1000円支払っているので、500円の出費増加程度であれば、そのほうが安い。

 

APN はmoperaU シンプルの場合、以下の設定で使える。タブレット、WiFiルータともに同じ設定の模様。キャリアメールを使わないなら100円安いmoperaUシンプルがおすすめ。

APN mopera.net
ID なし
パスワード なし

 

SIMカットに挑戦・・・失敗orz

しかし、WiFiルータのSIMは、マイクロSIMで、iPad Air 2 や、Nexus 9は、nanoSIMだ、1つは一生懸命SIMをカットして使ってみたが、どうやらnanoSIMにするには、内蔵チップがぎりぎりの大きさらしく、2枚のうち1枚は失敗してしまった。

私が参考にしたSIMカットの方法の紹介ページ

DoCoMoショップに行けば、2,000円(税抜き)で、交換してくれるのでSIMカッター(Amazon)を買うくらいなら、DoCoMoショップで交換してもらったほうが確実と思われます。

 

ちなみに私が使っているSIMフリー端末は、以下の2つです。(正確には3台!?)

 

まあ正確には、Surface 3はY!モバイルの回線が入ってるから格安SIMは使っていません(^^;

(2016/03/27 追記)

数ヶ月、iPad Air2 や Nexus 9 で使っていますが、基本料金はルータ(1200円)ままですが・・・・

指定外デバイス利用料(500円)」というのを取られています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月曜日)

Google IMEで変換候補が表示されない。

普段Google IMEを使っていますが、途中から調子が悪くなってしまいました。

変換候補が正しく表示されない。(そもそも表示されません。)
原因を調べていくと。以下のディレクトリにある。
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input
  • boundary.db
  • cform.db
  • segment.db
上記、3ファイルのどれかの破損のようです。
この3つのファイルは、Google IMEを使用中は、ロックされていて削除できません。
以下の手順で削除する必要があります。
  1. コントロールパネルのプログラムのアンインストールからGoogle 日本語入力を削除
  2. PCを再起動
  3. C:\Users\<ユーザ名>\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input ディレクトリを
  4. 削除
  5. PCを再起動、Google IMEを再インストール
私の場合はこれでうまく治りました。

続きを読む "Google IMEで変換候補が表示されない。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木曜日)

シムフリーおサイフケータイ出た(Xperia J1 Compact )

ようやくSIMフリースマホで、おサイフケータイ付きが発表されました。

おサイフケータイだけではなく、防水/防塵!! 価格は5万4800円

どれだけバージョンアップしてもらえるか少々心配ですが・・・でも、今までなかった選択肢が増えたのは嬉しいです。

Xperia J1 Compact スペックはこちら

 

日本語変換エンジン POBox Plus
通信速度(上り/下り) LTE 150Mbps/50Mbps
3G 14Mbps/5.7Mbps
DLNA
赤外線通信 -
ワンセグ/フルセグ -/-
おサイフケータイ*1
Wi-Fi(無線LAN)
テザリング同時接続数 Wi-Fi 10台
Bluetooth® 5台
USB 1台
Bluetooth® 〇(Ver 4.0に準拠*2
防水/防塵 IPX5/8 /IP5X*3
  • Wi-Fi電波法により5.2GHz帯および5.3GHz帯(W52/W53)の屋外使用は禁止されています。
  • *1 ご利用に際してはこちらを必ずお読みください。
  • *2 対応プロファイルコーデック:HFP、HSP、OPP、SPP、HID、A2DP、aptX、SBC、AVRCP、PBAP、PAN(PAN - NAP/PANU)、HDP、MAP、DID、HOGP
  • *3 IPX5とは、内径6.3㎜の注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。IP5Xとは、粒径75μm以下の塵埃が入った装置に8時間入れて取り出した時に通信機器の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火曜日)

フレッツ光コラボでマルチセッションは使えるか?

3月1日から、NTTと契約をしているフレッツ回線が、プロバイダ等の業者に卸販売が開始されます。

基本的には、プロバイダがフレッツ回線とプロバイダ契約をセットで販売して利用する形態になります。

ここで問題になるのは、東西NTTが提供するサービスはどうなるのか?
「光でんわ」や「光テレビ」等は、そのまま東西NTTとの契約で利用し続ける事が可能だそうです。

じゃあ、その他のサービスは?

個人的に気に成っているのが、1つのフレッツ光回線で、複数のプロバイダを使い分けられる、マルチセッションです。
オプションで申し込まなくても、2セッション利用することが可能で、プロバイダも複数利用することが出来ます。

結論から言うと・・・・・・「そのままマルチセッションを利用可能」とのこと。

@Niftyに聞いた限りなので、本当にサービスが開始される3月1日になってから試してみないことには実際に利用可能かは確認が出来ない状態ですが。

@Niftyのサポートの話を総合すると。

フレッツの契約が、東西NTTになるか、プロバイダ(私の場合は@Nifty)かの契約上の違いだけ。
同じプロバイダを使い続ける場合には、ルータの設定変更などは必要なしとのこと。

単純に、「自宅のインターネットが安くなる」そういう理解で大丈夫そうです。
(2015/08/30 追記)
一度フレッツから光コラボ(ドコモ光や、ソフトバンク光など)に転用すると、更に転用(2回めの転用)は出来ません
そのため、再度組み合わせ割引サービスを受けるためには、回線撤去→新規回線工事が必要となります。
私は@Nifty光→ドコモ光への移行で失敗しました。

(2015/02/25 追記)
現在、東西NTTが提供しているサービスは、基本的にはそのまま継続可能とのこと
セッションプラスフレッツVPNワイドなどもそのまま、東西NTT都の契約を継続する形らしい。


注意点は、フレッツ クラブなどのポイントが貯まらない&ポイントが失効する事ぐらいだろうか?

(2015/03/16 追記)

 

マルチセッション(PPPoE ×2接続)とLAN型接続プロバイダの3つのプロバイダを設定しています。

1台のRTXシリーズルータで、マルチセッション(複数プロバイダ)を使う場合、ちょっとした設定が必要です。

RTXシリーズでは、IPフィルターを使うことで、セグメントごとにデフォルトルートを設定出来ます。

 

 

 

LANのセグメント毎に使用プロバイダ(ゲートウェイ)を変える設定)

色で設定を区別しています。以下の設定は、RTX-1210 で確認しています。

  • pp 1 ← 主プロバイダ (フィルタ無し)
  • pp 2 ← サブプロバイダ  (Filter 1)
  • LAN2 ← DHCP 払い出し型プロバイダ。(Filter 2)

ip route default gateway pp 2 filter 1 gateway dhcp lan2 filter 2 gateway pp 1

ip filter 1 pass 192.168.1.0/24 * * * *
ip filter 2 pass 192.168.2.0/24 * * * *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月曜日)

VPNを少しでも早く。RTX-1500、フレッツ光ギガマンション

自宅がフレッツ光ギガマンションになりました。

これで、実家もフレッツ光隼とVPNの相手と、自分が1Gbpsの回線となりました。

ただ、残念ながらルータは、実家がYAMAHA RTX-3000(インターフェイス1Gbps)で、自宅がYAMAHA RTX-1500(インターフェイス100Mbps)です。
なので、自宅の回線速度が元々の回線速度を生かせて居ません(苦笑

そんな状態で、VPNの速度を計測してみました。

Vpn


金曜日のよる11時台でこの速度が出ました。

通信条件は、

NTT西日本(フレッツ光隼) プロバイダ(Nifty) ↔ NTT東日本(フレッツ光ギガマンション)+プロバイダ(Nifty)

です。

いや~早くて快適です。名古屋⇔東京間で、100Mbps近く出るので、ほとんどLANで使用しているのと感覚的違いはありません。

いい時代になったものです。

年末にRTX1200の後継機種のYAMAHA RTX1210が発売されるそうです。
VPNスループットが1.5ギガ(双方向合計)とのこと、値段が高いのがたまにキズですが、かなり期待しています。

RTX1200がVPNスループットが200Mbsと残念な仕様だっただけに、期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金曜日)

iPadは成熟製品だが、他に選択肢がない。Surface Pro 3レビュー

Surfacepro3primary_page1
Surface Pro 3を購入しました。2014年7月17日に発売されたので、約2週間使っている状態です。

Surface Pro 3はずいぶんと良くなったと思います。Microsoft は今までのユーザの声をよく聞いて改善されてきています。ノートパソコンとして・・・・・
モダンUIアプリ(Windows ストアアプリ)の少なさは非常に悲しい物があります。

詳しいレビューはこちら「「Surface Pro 3」に死角ありか?――パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音をテスト」「いよいよ発売された『Surface Pro 3』、注目の秘密を(改めて)探る

簡単に私が抱いた感想は・・・

【Surface Pro 3の不満】

・値段が高い。
・タブレットとして持ち歩くには、大きい&重たい。
・Cellularモデルがない。
USBポートのバスパワーが非常に弱い
.・発熱が大きい。

発熱の大きさは、発熱すると自動的にCPUが動作クロックを下げてしまい、パフォーマンスの劣化につながってしまうこと。
FullHDの動画を再生していると、発熱で動作クロックが下がってしまい、WEBのブラウズで「もたつく」事があるレベル。最近のPCとしては、少々心もとない性能のような気がします。

【Surface Pro 3の良い所】


Surface PenがWacomから変更になってしまったが、ガラス面と液晶面の距離がかなり近くなったこと。
・バッテリーが9時間程度持つらしい。(でも、iPad の10時間と比べると、もっと短い気もします。)
・画面が広い。12インチ、3対2の画面比率。(ようやく縦の幅が広がりました。)
・オプションのタイプキーボードが打ちやすくなった。(角度が付きタッチがイプし易い)
InstantGoに正式対応

今までのSurface Proも最高の液晶タブレットだと思いましたが、Surface Pro 3は更に、死角が無くなりました。

Surface Pro 3 からInstantGoに対応しています。ただし、InstantGoが使用できる場面は限られるようです。
Surface Pro の電源状態: オン、オフ、スリープ、および休止
Surface Pro 3用タイプカバーがInstantGoの利用には必要です。必須ではありません。

自宅の、デスクトップPCを置き換えてしまうぐらいに使い勝手は良いです。Microsoft はよく頑張ったと言えます。



Surface Pro 3用の液晶保護フィルムは、ELECOM エレコム SurfacePro3 液晶保護フィルム 指紋防止エアーレス加工 反射防止 TB-MSP3WFLFAを購入しました。 
【感想】

・反射防止ですが光沢があります。
・タッチパネルを手で操作すると指紋がしっかりつきます。
・貼り付けやすさは結構良いようです。

メインのタブレットにできる!?

初代iPad を購入して以降、毎年iPadを購入し続けて、現在ではiPad Airを使っています。すべてCellularモデルです。正直、ハード的にはiPad 2でほぼ完成に近い域まで達し、以降はマイナーチェンジだけなので、そろそろiPadには食傷気味です。

Androidタブレットなど幾つか購入して使用していますが、やっぱりiPadに戻ってきてしまいます。
iPadの(Appleの?)エコシステムから抜けだせずにいます。

と言っても、iPadでは、Gmail、Chromeブラウザ、Google Drive、Google Map、YouTubeとほとんどGoogleのサービスしか使っていません。

でも、Androidタブレットではなく、iPadに戻ってきてしまいます。

一番の理由は、OSのバージョンアップ、新機能への対応などなど。 Google謹製のNexusシリーズ以外は、ほとんどバージョンアップは絶望的な状態です。
一時期は、バージョンアップに意欲的だったDoCoMoやSonyのXperiaでも、全くバージョンアップされない端末が山ほどあります。

その点、初代iPadを除けば、ずーっとバージョンアップを提供されているiPadは使っていて安心感があります。

Windows タブレットが前から有力なiPad の乗り換え候補だったのですが、Surface Pro、Surface Pro 3と使っていますが、タブレットのUIとしては、不安定かつ操作しづらすぎます。

Surface シリーズにCellularモデルがないことも、タブレットを持ち歩く情報端末として考えると、WindowsをiPadの対抗馬として考えづらいと思っています。

Surface Proを買ったら、これを買っておこう!!

(1) USB-LANアダプタ。
Wifiはありますが、マンションなどで使っていると、あちこちのアクセスポイントの電波を拾ってしまい。かなり苦しい状態になりました。ただ、Surface Pro 3 にはUSBが1ポートしかありません。
おすすめは、Logitec 有線LANアダプタ USB3.0 USB HUB付 LAN-GTJU3H3です。USB-HUBとUSB-LANが一体になっていつタイプで、Surface Pro 3 では、刺しだだけで認識してくれました。(ドライバーのインストールが不要です)

あと、Bluetoothマウス。
なかなかよい製品が見当たらないのですが、タイプカバーのスライドパットやタッチパネルでは、少々使い勝手がよくありません。ただ、Surface Pro 3 はUSBが1つしかありません。ここで、USBを潰すのはかなり厳しい。

(2014/07/28追記)
Surface Pro 3の本体のUSB3.0ポートにSSD-USBドライブをさしたところ、非常に不安定で使えない状態になりました。どうも、USBのバスパワーが非常に少ないようです。
USB-DVDドライブもまともに動作しませんでした。

やはりUSB-LANや、マウスぐらいしか使い道がないのでしょうか?
クレードルの発売を待つしかないのでしょうか?

「Surface Pro 3」に死角ありか?――パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音をテスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧