カテゴリー「UNIX(Linux,BSD)」の3件の投稿

2013年9月13日 (金曜日)

Oracle 9i インストール(Linuxの対応バージョン)

客先のOracleサーバのあ環境を構築する際にハマったのでメモ・・・


Oracle9iが現役のころ、RedHat Enterprise Linux のバージョンアップも盛んだったようで、RedHatのバージョンにより、Oracle9iのインストールに使用出来るインストールメディアが異なります。

忘れないように簡単にメモを残しておきます。


RedHat Enterprise Linux 2 → Oracle 9i インストールメディア 9.2.0.1.0以降
RedHat Enterprise Linux 3 → Oracle 9i インストールメディア 9.2.0.4.0以降
Redhat Enterprise Linux 4 → Oracle 9i インストールメディア 9.2.0.6.0以降

参考までに、Oracleの中身がさっぱり判っていなかった時インフラ構築勉強のために購入した本が詳解 Oracleアーキテクチャです。
実際の設定などは殆ど書かれていないので、これを読めばOracleの設定が出来るようになるわけでは有りませんが、内部構造や考え方がよくまとめられており、勉強になった本です。

良書なのでおすすめしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木曜日)

mdデバイスのPC間の移動 vgdisplay vgrename


VMwareを使っていると、HDDのマウントやアンマウントが簡単にできてしまうので、いろいろなことをやります。

ただ、CloudになるとVMwareベースでも簡単にDISKの複製ができなかったり、ディスクパフォーマンスを高めるためにVMなのにLinux上でMDデバイスを構成したりします。

mdデバイスをVM間で移行した際に苦戦したのでメモ。


mdのデバイス情報は、DISKに書き込まれるため、移行先のVMで、以下を実行すればMDの情報は引き継がれます。



echo "DEVICE partitions" > /etc/mdadm.conf
mdadm -E --scan >> /etc/mdadm.conf
chkconfig mdmonitor on
service mdmonitor start

上記でもし、mdデバイス名称重複してしまった場合には、/etc/mdadm.confで

DEVICE partitions
ARRAY /dev/md/0 metadata=1.2 UUID=fbab67b8:f6856a6a:cf9388ba:eab81409
ARRAY /dev/md/1 metadata=1.2 UUID=fbab67b8:f6856a6a:cf9388ba:eab81409 

上記の様に/dev/md/※の部分を重複しないよう書き換えて再起動でOK。RAIDなどの構成情報はDISK側に持っているので、特段何もしなくても認識してくれます。


問題はLVMを使用している場合、VG名が衝突してしまう事。


# vgscan
Reading all physical volumes. This may take a while...
Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2
Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2

などと、見事VG名称が衝突してしまうわけです。

通常ならvgrename でVG名を変更するわけですが、VG名が重複しているため、VG名指定でのvgrenameができません。

その場合、vgdisplay コマンドを使ってVGのuuidを特定しuuid指定で、vgrenameを行います。

# vgdisplay                                        
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  2
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                1
  Open LV               0
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               31.99 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              8190
  Alloc PE / Size       8190 / 31.99 GiB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               jLGPwT-rda5-JcRX-Q4PQ-R4xm-Dxa0-3yzl8z
   
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  3
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                1
  Open LV               0
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               31.99 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              8190
  Alloc PE / Size       8190 / 31.99 GiB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               1LgcIf-baFI-31UJ-K73n-9Xc9-n83x-AAKgSZ
  
で、uuidを使用したvgrename方法
# vgrename -v 1LgcIf-baFI-31UJ-K73n-9Xc9-n83x-AAKgSZ VolGroup01   
    Checking for existing volume group "1LgcIf-baFI-31UJ-K73n-9Xc9-n83x-AAKgSZ"
    Checking for new volume group "VolGroup01"
    Archiving volume group "VolGroup02" metadata (seqno 4).
    Writing out updated volume group
    Creating volume group backup "/etc/lvm/backup/VolGroup01" (seqno 5).
  Volume group "VolGroup02" successfully renamed to "VolGroup01"
    Wiping cache of LVM-capable devices
    Wiping internal VG cache

で見事VG名が変更されます。


# vgscan
Reading all physical volumes. This may take a while...
Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2
Found volume group "VolGroup01" using metadata type lvm2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月曜日)

Linux で使用中ポートとプロセスを調べる。

Linux で使用中ポートと使用プロセスを調べる方法

netstat -tanp

LinuxホストがIPv6に対応している場合はIPv6アドレスも表示される。

覚えておこう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)